お届けするのは完璧な仕上がり

どこをどのように直したのか修理痕の全くない魔法のような復元を

修理事例

2021.05.27

【鈑金ビフォーアフター】トヨタ アクア

トヨタ アクアの左リヤドアと左リヤフェンダーの鈑金塗装の修理事例をご紹介致します。

リヤフェンダーの損傷は激しく本来なら交換をお勧めするのですが、リヤフェンダーはドア等ボルトで付いている部品とは違い溶接によるカット作業になりますので工賃も高く、時間も掛かってしまいます。

仕上がり重視で予算を気にしなければ交換しますが、今回自費での修理の為、お客様と相談した結果少しでも安くなる様、鈑金する事になりました。


 

左リヤフェンダーの損傷状態

1 鈑金

まず凹んでいる部分の塗膜をサンダーで削り、スタッド溶接機で引き出しながら鈑金していきます。

2 乾燥

出来るだけ鈑金で元に戻しパテを付けて乾燥させます。

乾いたら凹みがなかった時と同じラインや丸みになる様に研いでいきます。

ここからサフェーサーを研ぐまでの2工程が最も仕上がりを左右します。

3 サフェーサー処理

なめらかに整ったらパテをコーティングする為、この車の色に近いサフェーサーを塗ります。

乾いたら再度サフェーサーを研いで下処理の完成です。

4 調色作業

調色です。

全ての車には『カラーナンバー』がありますが、同じ車の同じカラーナンバーでも生産時期や塗料メーカー、車の保管状態で色が変化していきます。

そのズレを現車と比較して微調整するのが調色作業です。

修理箇所だけでなく反対側とも色が違わないか見ていきます。

5 塗装

そしてやっと色を塗っていきます。

繊維ゴミや埃が付着しない様、塗装服を着て塗装ブースの中で塗るのはもちろん、隣接パネルとの色違いに気を付けながら均一な肌になる様に塗っていきます。

ここが腕の見せ所です!!

6 修理完了!!

塗装作業を終え、次に塗装したパネルの磨き作業を行い、外した部品を組み付け洗車が終わると修理完了です。

修理費用は税込み129,000円になりました。

リヤフェンダーを取替えた場合の見積りは168,000円でしたが鈑金したので39,000円リーズナブルに仕上がりました!!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

ページトップへ